埋没毛がが出来やすい処理方法

埋没毛がが出来やすい処理方法やその後で学んだこと

主に膝に埋没毛があります。

 

学生の頃からムダ毛を気にするようになって処理をし始めてから、埋没毛が出来るようになりました。

 

その頃はお風呂の時にカミソリを使ってムダ毛を処理するというやり方をしていました。

 

その処理方法だと皮膚すれすれにカミソリの刃が当たり、毛根を閉じ込めてしまうのだと思います。

 

考えてみればカミソリは皮膚にダメージを凄く与えるものだけど、学生の頃はそんなことなど全然気にせずに、ただ処理をしてムダ毛を無くしてしまえばいいと考えていました。

 

今はカミソリを使わずに肌に合った除毛クリームを使い、皮膚のダメージを極力減らした処理方法に変えています。

 

この処理方法に変えてからは埋没毛が増えることはなくなりました。

 

けれど残っている埋没毛がまだあります。

 

これを無理に毛抜きで抜いたこともありました。

 

そうするとやっぱり無理矢理なので血が出たり、皮膚が傷ついて余計に酷くなったりと散々でした。

 

みっともないからと埋もれ毛を無理に取ろうとすると、もっと悲惨なことになるので絶対にやってはいけないとやってから気づきました。

 

埋没毛が出来てしまったら、もうそのままにして下手に弄らず肌を優しくいたわるのが大事なようです。

 

私は高価な化粧水や薬局の化粧品売り場で見つけたビタミン液を埋もれ毛のある膝にに付けるようにしています。

 

これをすると埋没毛が消えてなくなるわけではないけど、肌質が少しよくなって目立たなくなるように感じるので続けています。

 

埋没毛を作らない、これ以上酷くさせないためにはムダ毛処理は皮膚のダメージを考えずに進めない、出来た埋もれ毛を無理に無くそうとしない、この2つが重要だと自分の失敗経験で学びました。

 

埋没毛対策クリームとは?